「The Last 5 Years」平間壮一×花乃まりあ ライブ配信感想 胸が熱くなる遠~い昔の恋の記憶




時間が経ってしまいましたが、東京公演に泣く泣く行けなかった「The Last 5 Years」の千秋楽ライブ配信を視聴する事ができまして、その感想を。そろそろ7/22より大阪公演が始まります。

今回、かのちゃん観たいという事で、平間壮一×花乃まりあ をチョイス。

出会って付き合い、結婚し、そしてお互いの価値観の違いから別れててしまうまでの5年間を、2人芝居で、しかも全て歌で表現した作品。生演奏が美しく、お互いの事を想いながら、自分軸で歌詞に乗せて心情を語る。

小説家として大学卒業してから直ぐに認められて、これから将来が楽しみなジェイミー(平間壮一)。田舎から都会へ女優になりたいと出てきたキャッシー(花乃まりあ)。お互い意気投合し、ジェイミーは家族から反対されてもキャッシーと一緒になると決める。

キャッシーは普通のお嫁さんでは納得がいかなくて、沢山のオーディションを受けまくる。受けた仕事はドサ周りのような仕事が多く、自分に自信が持てなくなってくる。

有頂天のジェイミーは結婚した途端にモテ始め、仕事が忙しくて帰れなくなり、すれ違いが確信に変わってくる。

2人が向き合って一緒に歌った瞬間は、たった1回で結婚を誓うシーンのみ。甘く切ない、2人しか世界に居ないと思ってしまう瞬間。純粋過ぎて涙を誘う。でもその瞬間はずっとは続かない。

いわゆる、恋バナ😊

って感じなんですが、なんか心が締め付けられるような、個人的に遠い、遠~い昔の記憶がフラッシュバックしたりして。

喧嘩をするって、相手を信じているから正々堂々と喧嘩が出来る。でも、心のエグイ所をお互い突いてしまうと、後悔の念にさいなまれる。傷つけるつもりは無かったのに。親しき仲にも礼儀ありか。
自分自身に余裕、経験、自信が無い若い頃は、こういう展開はもう仕方ないよね。その時は一生懸命だったんだから。。自分の肥やしだと思って、年相応になった時に良い思い出にするしかないかな。

で、まず、歌が大変そう😱。めちゃくちゃ難しいと思う。でも、お2人とも完璧👌。

かのちゃんは、やはり「ミー・アンド・マイガール」のサリーを思い出しちゃって涙。特にオーディションの歌は、最高にキュート😆。ちょっと間抜けちゃんで、でも歌は完璧。等身大の女の子の心情というか。そこが、いわゆる、恋バナチックで、胸がキュンとなる。「ラ・ラ・ランド」のミアみたい。

平間さんは歌が凄い大変だったとおっしゃっていたけど、高いキーもチャレンジされていて、クールで素敵なジェイミーだった。仕事は絶好調、本当は優しい人なのに、まあだからこそ別れを決断したんだろうなあって、男の優しさを感じました。

3組とも観たかったかも…。実は1回はチケット取ってたのに観れなくなり断念😣。それぞれ個性があって全然違う作品に見えるだろうな~と思う。

でも観る度に胸がグッと締め付けられる思いがしそうで、まだまだ私も若輩者かしらね。もっと大人になったら、余裕でこういった恋バナ作品も楽しめるかもなー。なんて。

そして、最後になりましたが、
花乃まりあ、かのちゃん、ご結婚おめでとうございま~す🎉🎉

「The Last 5 Years」

作詞作曲・脚本:ジェイソン・ロバート・ブラウン
演出:小林香
出演:水田航生×昆 夏美 平間壮一×花乃まりあ 木村達成×村川絵梨
90分間ノンストップ

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村