『バロンの末裔』主なキャストの思い出 感想3 初演メンバーと振り返る




無事に沖縄大千秋楽を終えた、宙組全国ツアー組。もう先週の事ですが、スカイステージを見て、なんて盛大に盛り上がった千秋楽だったのだろう~と感動しました😃。

あの沖縄の劇場、伝統芸能の舞踏を観に行ったことがありました!いつかは夏の沖縄でバカンス🏖、したいですね。今、沖縄がブームだと聞いています。移住組?民泊?沖縄に魅了されて、都会の人が移り住む夢があるらしいですね。

『バロンの末裔』主なキャストの感想を。1996年 月組初演キャストにつれづれ。

エドワード/ローレンス:真風涼帆

初演は久世星佳

こちらも『川霧の橋』同様、月組トップスターの退団公演。正塚先生オリジナルの宛書作品。ダンディーな男を演じたらこの方。『グランドホテル』男爵、『PUCK』ダニー、『銀ちゃんの恋』が好きです。
演技派で渋線、お茶目さもあるこの主人公が、のんちゃんのファンの方を魅了したのでしょう。

その演目にゆりかさんが挑戦。貴族の跡継ぎ、兄弟2役が見所。だって、ずっと舞台上に登場するわけでしょ?しかも真逆のキャラクターで。

最近思ったのは、宝塚の早変わりのスピードって半端ないですよッ!別の舞台を観た時に、なんかかったるいな😏~(失礼)って思ったのは、お着換え時間のせい。きっとお手伝いの子とか居ないのかなーって…。宝塚の舞台展開は、全国の別劇場だとしても、テンポが良くて飽きさせない。何気に大きな違いだと感じました。

ゆりかさんの芝居は、深い。

もー、深い芝居大好きで😅、私。悩んだり苦しんだり、問題解決したり、こっちも一緒になって熱くなっちゃいますからね。ホームズや、スビヴィッツラハウスの時もそうだし、SAPAだって。どんな状況でも明るい希望が見えてくる。説明台詞が聞きやすくて上手い。テンポが良いのだと思う。

娘役が惚れるのは当然💖!ラブストーリーにリアリティがあるわけですよ。プラスして素のゆりかさんも包容力がありそうで、ダブルで惚れちゃいますね、きっと。

弟のエドワードの聡明さが際立っていましたが、案外兄ローレンスの、生まれつきの貴族の血、汗をかかずに生きていける才能?みたいなキャラが面白かった😄。
ちゃんとキャサリンの本心も分かっていたようだし。実は何でもお見通し、領主たる大物感が備わっているのではないか。。とも取れました。深いね~。

キャサリン:潤 花

トップ娘役は風花舞
先日花月100周年OG公演で、久しぶりに舞台上でお見掛けしました😀。ふとした瞬間に娘役スイッチが入る天使の微笑み!全然お変わりなくて、美しいな~と思いました。

潤花ちゃん、ローレンスの好きな所は、

顔👨

どや顔で”顔”。潤花ちゃんもやるね~最高の一言😆
(どうせ同じ顔なんだからさー(リチャードより))

貴族のお嬢様、とても上品で礼儀作法もしっかりされていて。でも心の中は実はドロドロだっていう…、仮面を被って生きている感じがヒリヒリと伝わって来まして。ピッタリでしたよ。

ねえ、君たちはいつダンスするの!?ってワクワク見ていたら、最後の最後に別れのダンス、でしたね。ここがまたニクイ!息を呑むような美しいデュエットダンスでした。

あなたの物を1つ下さい。(←これイイね、メモメモ✍)

エドワードがインドで買った指輪💍を貰ったキャサリン。本物の宝石だったら高いよ?あのサイズは。男物だし。

熱いアツイこの2人の芝居を、ずっと、ずっと観ていたいと願います(エア署名運動)。

リチャード:桜木みなと

2番手の真琴つばさのお役。友達役で、3枚目担当でしたね。

なかなか強引な設定で、何で金貸してくれねえんだ!って、お前は図々しいな…という感じでしたが(笑)。まみさんがどんどん台詞でまくし立てるイメージがあるなー。

正塚先生の作品『パーシャルタイムトラベル』が、ずんちゃんのお役の中でもピッタリだった(組子もお気に入り)。ちょっとコミカルでカッコいい青年を演じたら、宙組ではこの人!って感じでしょうね。

今回のパートナー・ヘレンは105期山吹ひばりちゃん。ちょい天然で天真爛漫な所が、2人とも合ってる感じがしました(癒しです)。あの強引なリチャードに動じないヘレンの度胸が凄い。

これからもアドリブを受ける方から、アドリブを仕掛ける方まで、お芝居をかき回して楽しくしてください!!

ウィリアム:瑠風 輝

姿月あさとのお役を、もえこが演じるなんて胸アツです😍。もうそれだけで十分。

銀行の若頭取(ヨッ頭取!)。真面目で、一本気で、本人はいたって真面目だけど、そこがちょっと面白く笑える人?これはもえこのキャラクターそのものって感じでした😄。

背が高いので、ゆりか、ずん、で並んでも、なかなかの風格を感じましたよ。頭取、ですからね😉。

ウィリアムがフェアな人間だから、ボールトン家は助かったのよ、素晴らしいです👏👏。きっとウィリアムは「自分は仕事をしたまでで」とか言いそうで。

いや本当に、客席で”頭取”、”頭取😍”ってワードが聞こえてきて、ニヤついてましたから、私。芝居はもちろん、歌も聞かせてくれました。これからも、もえこの歌も沢山聴きたいでーす!よろしくお願いします。

ヘンリー:亜音有星

佐賀出身のあのん君。いいお役でしたね。

初演は汐風幸。なるほど~。歌舞伎の片岡仁左衛門の娘さん。当時は面白いな~と思って観ていました。歌舞伎にゆかりのある演目に出演される事も多かった。
久世星佳とは『銀ちゃんの恋』でヤスとして共演している仲。お芝居の2人が、最後はヘンリー君としてのんちゃんを盛り立てていたんですね。

ホームズの新人公演主演後のこの公演。お芝居、バッチリですね。若さも程よく、オトボケさがちょうどよい。なかなか笑わせてくれました~😊。

トーマス:凛城きら

いや~、未沙のえるさんのお役でしたか!さすがの、専科さん。
正塚先生のお芝居には常連の、面白いおじさんといえば、みさのえるさん。

りんきらのスマートで憎めない、ウィットにとんだイギリス紳士でした。悪だくみする側にも愛を💜。楽しいな~。ホームズではゆりかさんのお兄さん。今回は宿敵側?でしたが、息子のウイリアムや、会計士のローバック(秋音光)とのやり取りが、サクサク手際よくテンポよく、最高でした!

宙組専属専科さんという事😊で、また出演される事を楽しみにしています!

ジョージ:寿つかさ

汝鳥伶 ゆうちゃんさんか~。
本当に月組には沢山の芸達者がいらした時代ですね。

エドワード、ローレンスの父親代わりのような存在。真実を隠してお屋敷をいつも通りに守る執事。立ち姿が大事ですよね。

ミセス・サーティーズ:小春乃さよ

梨花ますみ みとさんだったんですね!
元雪組組長さん。『川霧の橋』にもご出演されていましたが、月組の沢山の名作に出演されていた、みとさん。

さよちゃんの温かい存在感。最近はミセスのお役が板についているご様子。あの玉ねぎの様な髪型とか似合うよね。スッシーさんとのコンビ、良いと思いました。ショーのエトワールも続投で、今後も歌姫として活躍されるでしょう!

シャーロット:愛未サラ

いやいや、この方ですよ!夏河ゆら ゆら姐のお役だったわけだ。
めちゃくちゃ面白い組長さんだった思い出が。真琴つばささんとのコンビ、最高だった。

そしてそれを体当たりで演じていたサラちゃん。一人なんでこんなにテンション高いんだろう…って思っていたら、ゆら姐の役か!と。

えー、凄く面白かったんだけど😄。とても可愛らしい方なのに、コメディタッチで大変目立ちました。トマちゃんと2人の夫婦。もえこの義理の母…。このカオスな親子、面白かったです。

ブリンクリー:鷹翔千空

嘉月絵理 確か副組長にもなられた、月組の個性派?よくお見掛けしました。

秘書という役柄を、コッティが演じる面白さ。どちらかというと、熱血で真ん中のお役の印象があるけど、こういうコミカルさが、案外行けると思いました。ちょこまかしてて、リアクション王だった。

っていうか個人的には、もえこ&こってぃが並んでいるだけで、面白い(笑)。何かが生まれそうな。でもいたって2人は真面目で。

ヘレン:山吹 ひばり

千紘れいか さんのお役でした。
トップ娘役になるべき実力の持ち主であっただろうと記憶しています。別格娘役さんで、真琴つばさ主演のボサノバで、印象的だったなと。退団後は劇団四季に出演されていたんですよねーさすがの実力。
ちょっと強い女性というイメージかな、月組の強い娘役ね😉。

それで、この度、ひばりちゃんが抜擢!ヒロイン役をモノにしていますね👍。
ずんちゃんとのコンビでしたが、これまたいいね~。きっとひばりちゃんのような、おキャンなキャラクターはどなたでも合うと思う。舞台度胸も良いし、その可憐な容姿とのギャップがまた良い。

他にも沢山語りたいところですがここまで。

宙組大劇場ネバセイのお稽古が始まりました。無常にも退団者の発表もありました。

気づけば版権問題で観る事ができなかった『プロミセス プロミセス』。和希そらが、もう雪組生になっちゃったんですね…😢。ブリリアホールで皆さんに見送られている映像をスカイステージで見届けました。

輝月ゆうま安定のオジサン役の姿もチェックしました~。
次の花組『TOP HAT』では是非観たい!(さて、どのお役なんでしょうね😏😏)

思い出のアクアヴィーテ!! @ 福岡

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村