宙組『オーシャンズ11』感想4 フィナーレは一新 105期初舞台生ラインダンス




宙組版オーシャンズ11のフィナーレは、かなり一新されておりました。

組子のイメージと、番手と、そして初舞台生ラインダンスが加わり、かなりゴージャスというか、大人な遊びがテーマな感じを受けました。

フィナーレの男は…

めちゃくちゃ早変わりだよね??こっちが驚いたよ。(ネタバレしないようにしてみました。)
今までは、賭けに敗れたベネディクトが掃けて、フィナーレの男で登場し銀橋で歌うパターンだったかなと。

キラキラです✨。愛した日々に悔いはないと歌い上げます。

そのままロケットボーイの役目となり、105期のラインダンスが始まります!

JUMP!105期ラインダンス

何かと話題の105期生達が勢ぞろいする、ラインダンスが始まります。この日のために同期一丸となってお稽古をしているのです。

もともとラインダンスでは涙腺が緩む方なのですが、これが初舞台生となると涙腺が崩壊します😂。

よかったよー、よかったねー、ありがとう。

とかいう、もうよくわからない状態になります。親戚でもないのに。

オペラでずずずーーっとチェックさせていただきましたが、結構アクロバティックな動きをしている生徒さんもいたり、難しそうなダンスでした。一人二人、お、いいねえ~という男役スターさんを発見。名前と顔がまだ一致しない(自信が無い)のですが、今後も何処の組に配属されるか、要チェック!です。

真風涼帆と宙組レディース達

大階段でのダンスです。英語のジャズナンバーのような感じだったかな?ラスベガスですからね、ゴージャスにアメリカン!な雰囲気で。紫と黒をベースにした新調お衣装だったと思います。

特筆すべきは、はべらかしレディースの学年がぐっと若返ったこと。103期もってぃとか、若い子が前にガンガン来て踊っているのを見て、世代交代だなあとしみじみ。

でも私が必ずチェックする綾瀬あきな えびちゃんを発見!ダンスの師匠ですからね。

そうだ、あっきーが卒業したら、あきえびはもう見れなくなるんだ…寂しい。

大階段の群舞 「フィーバー」だったか?カッコいい!

キキちゃんがセンターで主要男役が勢ぞろい。

目が泳ぎまくっている自分に笑えた(爆)。
何処見ていいか、わかんなくなっちゃって、結局は俯瞰して見る事にした。

今までまぁ様の宙組だったから、クラシカルな群舞が多かった気がするのよね。
まかぜーの宙組、キキちゃんの宙組だから、まるで花組とか、月組のような群舞でしたよ。アイドルのような。

めちゃくちゃカッコよいです。リピートしたい。

デュエットダンスは、すっぽり収まるまどかちゃん

デュエットダンスは、結構クラシカルなモノになっていました。通常パターンっていうか。

まかぜーにすっぽり収まる、まどかちゃんがカワユイ。私のツボです。

幸せいっぱいの空気に包まれました~。

エトワールは102期花宮 沙羅

下級生の大抜擢ですね!初々しい声です。
新人公演でも良く頑張っていた、元気印のさらちゃん。素敵でしたよー。

階段降りは、すっきりされて、あっきー&せーこ&りく 退団同期3人で一緒に降りてきてくれて、涙。

まどかちゃんのフィナーレのお衣装、これまた膝丈のフリルのスカートが、まどかちゃんぽくって可愛い。デザインがとても凝っていたように思います。テスのウェディングドレス、かな?

銀橋ご挨拶はみんなで「JUMP! お前は飛べる JUMP!」で大盛り上がり。幕が下りた頃には、会場からため息がもれました。

感無量、胸がいっぱいという気持ちになりました。

まだ初日が始まって1週間。これからもっともっと沢山の人が訪れて、舞台も進化することでしょうね。

10連休の宝塚は大盛り上がり、間違えないでしょう!

また東京でお待ちしております!

 

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村