『壮麗帝』感想1 皇帝顔の桜木みなとが頑張った!ザ・タカラヅカ歌劇だった。




こちらも千秋楽ライブ配信を無事に観る事ができました。神様、この奇跡に感謝です🙏。

オリエンタル・テイル、かなりのミュージカル『壮麗帝』みんな沢山歌っていましたね。

久しぶりのザ・タカラヅカ歌劇を観たぁっ!!って気分になりました。

異国の場所に連れて行ってくれる宝塚。今回はオリエンタルなトルコ・イスタンブール版。

宙組はむかし『カサブランカ』でモロッコを、『王家に捧ぐ歌』でエジプトを、そして『天は赤い河のほとり』でヒッタイト帝国を。中東北アフリカ系はお手のモノ。

宝飾品キラキラな皇室陣の煌びやかさ、ベリーダンスの美女、髭面の背の高いイスラムの男達。オリエンタルなコスチューム物が、目福でかなり楽しい。

なんといっても、

鼻筋の通った皇帝顔の桜木みなと😆

誰ですか、ずんちゃんが髭が似合うって知っていたのは!超お似合いでしたよ😍。あのスレイマンの衣装を、酷暑の大阪で公演できる体力、気力、気合。ちょっとヤンチャ感もあってセクシーで。

いやあ、相当大変だったんじゃないかな~って想像しました。

壮麗帝の物語をまとめ上げる事は、かなり至難の業だったと思います。見所が満載過ぎて、何処をフューチャーすればいいのか、登場人物も多いし、組子がもう何役やってるの!?って位目まぐるしくて。

まずは素敵なプロローグ😆💕。いや~、もう一回、もう十回みたいんですけど!

遥羽ららちゃんのベリーダンス、超可愛い😍。本当に上手で魅力的。

そしてずんちゃん登場!掴みはオッケー👍。大物感が既に漂ってます!(祐飛さんに見えるんだよねぇ)

そして、心情を歌う場面が多く、戦いの場面も多めで、ラブシーンも多め😊。

フィナーレは燕尾&デュエットダンスも付けてくれて。

演出家・樫畑先生の、宙組組子への愛を感じざるを得ません。

そして、最後に印象的だったのは、

ずんそらのデュエットダンス✨

ですかね、個人的には。

この2人のがっつりお芝居を、いつかと夢見ていた人は多いと思います。

兄弟のような2人。慕う和希そらの今回の設定が、辛くて、でもなんかそんなこともあるよなと腑に落ちたり。それでも同じ思いを抱いた2人だったと、最後には笑顔で天国で話し合えるのかなって、勝手に妄想入りました。

2人とも、いい笑顔でした~。

サパとは対極で、頭を切り替えるのにちょっと時間かかった😅。

自分のタカラヅカ脳を呼び覚まし、キラキラ輝く時間を味わいました。宝塚って色んな作品があって楽しいなぁ。

もうこの公演は終わっちゃったのね…。
こちらもまさに、奇跡の公演となったことでしょう!

主なキャストの感想は後日🙋

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村