ミュージカル「INTO THE WOODS」感想 望海風斗さんが素晴らしくめちゃくちゃ元気でした!




日生劇場で上演中の、かなり難解な普通じゃないミュージカル「INTO THE WOODS」の感想を、やっぱり書いておこうかなと思いました。私は同タイトルの映画、ミュージカルを観たことが無いので、全くの初見の感想です。2022年1月観劇、89期3連発!かいちゃん、みやちゃん、そしてダイモンです。

率直な感想を先に・・・

客席についてオケボックスの音合わせの時点で、何なのこれ?っていう音🎼🎶📯が沢山出てきて、オーケストラさん大変そうだな~って思っていたわけです。新解釈、新演出という事なので、これに合わせて歌う演者さんは、さぞ大変だろうなと…。

この感覚、例えば、古典オペラを”新解釈”という事で、現代人のとあるBARが舞台で、フツーの外人さんがアリアを歌ったり、映像を使った斬新な演出を目の当たりにし、心の中で「普通演出のオペラで良かったんじゃないのぉ😅?」って、せっかくの新演出に入り込めない自分が、置いてけぼりになった感覚かなあ。

「ついてきてますか!?」って確か舞台上から問いかけられたシーンがあって、皆さんパラパラと拍手してたのは面白かった。やっぱり出演者の方も分かってるんだね😅。

また、悲惨な出演者の演出を、かなりリアルに、エグイ状況までしっかり描かれたり、あと、例えば「春の祭典」という現代的過ぎる破天荒なバレエのオープニングの逸話で、途中で気分悪くてお客さんが帰っちゃったとか聞いたことを思い出しましたが、その位結構センセーショナルなミュージカルだったんじゃないかと、思います、はい🤔。

そういう意味では、一度は経験して観て欲しい、手に汗握る、後々伝説になるかもしれないミュージカルかと思います。

その中で、ダントツ、そう、もう彼女は世界基準なんだ!と実感した、退団後初のミュージカル出演、我らが元雪組トップスター望海風斗さんが、超絶技巧の歌唱を駆使し、大爆笑の自虐演出(エリック姿で登場した時は、笑っていいのか困った😁)満載で、しかもとっても美しいし、尊敬に値する位素晴らしかった事を伝えたいっ🙋!

ダイモンって、いつも凄い環境に身を置いて、そこを這い上がっていくんだな…って、思ったりしました。

簡単なあらすじ

おとぎ話の主人公が同時に出演されています。どうやら普通のおとぎ話じゃないなと、超絶技巧な歌ぶりを聞いてすぐに分かります。

シンデレラ(古川琴音)と継母(毬谷友子)、姉たち(湖月わたる&朝海ひかる)。
赤ずきんちゃん(羽野晶紀)とお祖母ちゃん(毬谷友子)。
ジャックと豆の木のジャック(福士誠治)と母(あめくみちこ)。
ラプンツェル(鈴木玲奈)と魔女の母(望海風斗)。
王子様の2人(廣瀬友祐、渡辺大輔)。

パン屋の夫婦(渡辺大知、瀧内公美)が、子宝に恵まれない事が魔女の呪いのせいだと教えられ、呪いを解くために1.ミルク色の牛、2.赤い頭巾、3.トウモロコシの髭のような髪、4.金色の靴を、3日以内に見つけろと言われます。

夫婦はおとぎ話の主人公たちに森の中で出会い、色々な条件を出したり奪ったりして、4つの物を揃えて魔女に渡します。が、ジャックが豆の木を登って巨人(声・麻実れい)のハープと金の卵を盗んだため、巨人が街を荒らしにやってきます。

巨人と戦うため、皆力合わせて現実に目を向け、おとぎ話なんて、大体どうなのよ?って自分の境遇を見つめなおして覚醒していく。。みたいな話じゃなかったかなー(うる覚え)。

おとぎ話を素直に信じちゃ、ダメよ!ってお話

子供のころに読んだおとぎ話には、実はブラックな内容が隠されているんだよって、聞いたことがあります。意図的に子供達を油断させるために書かれたんじゃないか?と。

一番女子として洗脳されていたのは、いつか王子様が迎えに来る💖という話。全然来ないからっ、確かに洗脳だなー(笑)。シンデレラは王子様なんて全然ダメ男だし、お姫様の商売って意外と大変だーって気づきます。

そんな感じで、あらら、ええ?みたいに物語が崩壊していく感じで、かなりブラックジョーク満載です。

宝塚レジェンドOGが沢山!

望海風斗の素晴らしさについては、冒頭説明通り。

個人的には毬谷友子さんの継母に感動✨。このミュージカルの世界観にピッタリですよね!面白かったなー。その姉たちがこれまた仲良しの(もはやセット)湖月わたる朝海ひかる。お二人のブラックな姉さまも超ツボ😊!もう一人のシンデレラとして、則松亜海が登場。若々しくって可愛かった。

巨人の声出演が、雪組のレジェンド・麻実れい様です。いい声~。素晴らしいです。雪組の懐かしい面々が揃った所も見どころです!

シンデレラ、赤ずきん、ジャックが魅力的

物語の主人公たちがとても魅力的でした。シンデレラ役の古川琴音が、これからぐんぐん人気が上がるだろうな~と感じる、宮﨑あおい似の新しいスターだと思います。

そして赤ずきんちゃんは、羽野さん!やっぱり上手だな~、年齢を感じさせない羽野さんワールドが赤ずきんちゃんにピッタリでした。

そしてジャックは、途中まで誰だか分からなかった、福士君。ちょっとオトボケなキャラクターで、歌が上手。

王子様兄弟のちょっとダサい?感じ、哀愁みたいなものが凄く受けてました😄。その他の出演者の方々は、きっと各方面で活躍されている方が集まった、個性的なキャスティングだったのではないかと思います。

歌がとにかく大変!難曲揃い

物語に感情移入するのが難しいストーリー、新演出だとは思いますが、何よりも、歌が難曲!歌が一番難しいのではないかと思います。全て演じ切った皆さんは、かなりのお疲れ様👏👏👏拍手しました。

舞台上の演者と客席のキャッチボールがなかなか難しいだろうとは思いますが、コツをつかむというか、温まってくるとかなり癖になる演目かも?しれませんね。

とはいえ全曲を自分の物にし、あの迫力で訴えかけてくる望海風斗に、本当にアッパレですよ😃。ダイモンの魔女はサイコー!にセクシーで、面白くって、パワフルで、元気ありあまってるぅ~感じ!?でございました。

ミュージカル「INTO THE WOODS」
第1幕90分、休憩20分、第2幕80分(3時間10分)

日生劇場:2022年1月11日~31日
梅田芸術劇場:2022年2月6日~13日

作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
脚本:ジェームズ・ラパイン
演出:熊林弘高
出演者:羽野晶紀、古川琴音、毬谷友子湖月わたる朝海ひかる、廣瀬友祐、花王おさむ、福士誠治、あめくみちこ、鈴木玲奈、渡辺大輔、福井貴一、渡辺大知、瀧内公美、望海風斗麻実れい 

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村