2018年観劇 勝手にランキング




今年もあと残りわずか!皆さん、1年を振り返る記事を良く書かれているので、私も今年観劇したミュージカル・演劇・映画のランキングを、独自目線で書いてみます。振り返りって、楽しいですね。

2018年【笑った部門】

文句なし”大笑い”した順にリストアップしました。

第3位 月組 ミュージカル雨に唄えば

なんといっても、まゆぽんのリナちゃん、最高でした!それに絡むれんこんの監督の笑いの間がツボでした。「リナちゃん、お洒落」と連呼する、蓮つかさ。コメディーがイケるね!
もちろん主演の2人、たまきちとさくらちゃん、そして影の主演みやるりも素晴らしかった。
歌って踊って、笑い取って、あのミュージカルを成功させるのは並大抵のことじゃないと思います。

第2位 早霧せいな主演・ウーマン・オブ・ザ・イヤー

チギの退団初の主演ミュージカル。え、ええ、ミュージカルですか?ってちょっとドキドキしてたんですが、とおってもチャーミングで、これは彼女、素で舞台出てますよね?って感じで笑えました。どこかで見たことあるなとデジャブだったのは、あ、お披露目の「ルパン三世」だ!って途中で気づきました。そう思うと、ルパンってチギの宛書??

第1位 映画・カメラを止めるな!

超話題作、SNSで拡散した低予算ホラームービー。噂に聞いて早速見に行きました。
とにかく、笑いすぎて涙が出るくらい。映画館でこんなに笑っていいんかい?って思いながら、めちゃくちゃ笑いました。素人にわかりやすい内容、編集だったのでしょうね。でもそれでGOODです!

2018年【泣いた部門】

かなり”号泣”に近かったですね。それだけ素晴らしいものでした。

第3位 宙組 ウェストサイド物語

まかぜーのお披露目公演。ウェストサイドのマリアが、まどかちゃんなのは、絶対に合うのは分かっていたけど、まかぜーのトニーは大丈夫?って、こっちもハラハラドキドキしました。
個人的にウェストサイドストーリーの映画が大好き過ぎて、サントラ盤もリピートしまくっていた世代。あの音楽、あのダンス、あの雰囲気を女性だけでやれるのか?って半信半疑でした。
演出家が海外の方だと聞いて、なるほど。いい意味で宝塚らしからぬ、ブロードウェイの型通りに演じきった宙組っ子に拍手です。ダンスの切れ、歌、すごくよかった。
それに何といっても、和希そらのアニータです。私は映画のアニータ・大ファンなのですが、ピッタリすぎて、歌って踊りだすだけで、私は涙が止まりませんでした。DVD化希望!お願い!!

第2位 月組 THE LAST PARTY

あー、ラスパとキーを打っただけで、泣けてくる。あの雰囲気、月城かなと。最高です。
大空ゆうひバージョンを生で観たかったなーって思ってた演目を、れいこで観れるなんて!なんてご褒美なのっ!彼女は期待通りにやってのけました。まさに独り舞台出ずっぱり。まったく穴のない完璧な出来でした。私のご贔屓・ゆうひとれいこの共通点は・・・・・スーツが似合うこと。本物の男性のような骨格なんですよね。植田景子先生は、そこも見越してれいこにこの演目を当ててくださったのね。感謝です。そしてくらげちゃんは儚げでよかった。れいこに合っている。二人で一人前感がものすごくよく出ていて、先輩後輩の間柄としても、二人で一人みたいな魂のつながりを感じませんか?この二人。そんなことも考えさせられるくらい、涙しました。

第1位 劇団四季 ノートルダムの鐘

これは。。。。ごおおおお号泣です。演目がいいのは分かってます。場所は横浜KAAT。
この舞台を一気に15世紀のフランスノルマンディー教会に塗り替えてしまった、私はその空間に飲まれてしまった。学生のころヨーロッパを旅したあの教会の雰囲気が、KAATにそのまま存在していました。
そしてコズモのキャラクターに、涙するしかありません。コズモだけではない、お兄さんやジプシーの彼女、色々な出演者の背負っているモノを考えると、泣くしかありません。素晴らしい宗教音楽やジプシーの音楽と共に上質のミュージカルを味わえます。これはもう絶対観るしかない!大人も子供も。

2018年【圧巻部門】

キャスト、セット、音楽、話題性、とにかく全てを持って”トータルで圧巻”だったものです。もちろんお金も掛かっています。

第3位 花組 ポーの一族

みりおの代表作となりましたね。まさにエドガーが飛び出てきました。みりお渾身の出来だったと思いますし、花組の総合力、組力をガツンと感じられた総合芸術だと思いました。ゆきちゃんの歌声は天使の声。
特筆すべきは、ポーツネル男爵のあきらが、オペラグラス越しにみても、本当の蝋人形のような美しさ、なんですよね。彼はバンパイアですから、人間じゃないんです。それを表現できるって、すごくないですか?化粧の仕方なのか、表情なのか、しぐさなのか。若干鳥肌が立ちました。

第2位 ローマ歌劇場・椿姫

ソフィアコッポラ演出の、オペラ椿姫。そんな贅沢な~!しかも日本で観れるのね~東京って素晴らしい。
注目していたのは、ファッションです。ガーリーな演出がお得意のソフィア。今回はとっても伝統的な舞台演出で、衣装はバレンチノ製。上質でセンスがあって、あまりけばけばしくない、かわいらしい生身の女性に仕上がっていました。ほら、オペラ歌手っておデブの人が多いじゃないですか。。あれで私は興冷めなんですよね。でも今回はそんなことなく、貫禄があって本当に愛されるべきファムファタールだったと思います。
作品だけでなく、お客様もとても豪華で、ロビーも含めてオペラを満喫した~って気分にさせてもらいました。

第1位 月組 エリザベート

やっぱりこれかな、2018年は。今年の宝塚のビッグニュースといえば、月組愛希れいかの退団だったと思います。彼女は6年間もトップ娘を張っていたんですね。改めて過去の作品を振り返ると、1789あたりから、月組がちゃぴシフトに変わってきているんですよね。彼女に似合う作品、彼女を最大限に生かせるトップスター、そして下級生。みやるりがなぜトップスターにならなかったのか、1789でロベスピエールを演じたのがたまきちだったのは、次の次でちゃぴとコンビを組むため。全てはちゃぴシフトによるものかなと。
最後はエリザベートで幕を下ろすのが、トップ娘への最大限へのご褒美なんですね。月組はエリザベートはお手の物。脇役に至るまで、目が離せないくらい芸達者ぞろいで、私の中での歴代エリザベートNO1でした。エリザベートの物語のサブストーリーである、シシィとフランツの物語にとっても涙しました。「夜のボート」が最高過ぎて。みやるりがもしあと5cm背があったら、私はちゃぴの旦那様は、絶対みやるりがいいと思いました。二人の歌のハモリが最高にいい。夜のボートを聞いて、ふと気づいてしまいました。最後の最後に気づかせてくれて、ありがとう。

2018年【ハマッた部門】

個人的なツボにはまったといいますか、これ斬新!いいかも!と”中毒性”の高かったものです。

第3位 宙組 不滅の棘

バンバンバンババ・ババババン(なんのこっちゃ?)
真っ白な世界。そして愛ちゃんが尊い。さらに、アッキーが彫像のように美しい。まさに美の極致な舞台。私の宝物にしたいぐらい、スクリーンヒットでした。
オサさんの初演は知らず、なんか変わった話だなぐらいに思ってたのですが、実際にみてみて、面白い!
この時、すでに愛ちゃんの専科行は決まっていたのでしょうね。うん、これをやり遂げられる愛ちゃんは、宝塚の申し子だと思う。宝塚愛があふれる愛ちゃんだからこそ、男臭く、不滅のバンパイア=不滅の男役像を体現できちゃうんだなー。また再演して欲しいっす!

第2位 講談師 神田松之丞

落語は少々たしなむ程度ですが、年に2回ぐらいは行きます。落語のお話って、文楽や歌舞伎のネタがあったりするので、宝塚の演目ともちょっと関わったりしてて面白いです。そういえば、幕末太陽伝は、3つの落語の話が入っていたり、アナザーワールドは、まさに落語ミュージカルだし。

さて、講談って何?って2年前までは。でも今は、神田松之丞さんのお陰で、講談がとってもメジャーになってきましたね。だまされたと思って誘ってもらって行ったところ、まー面白い。まず迫力がいい。ご本人の風貌も迫力があるのもプラスして、話にどんどん吸い込まれる感じ。笑いというより、男の戦いや怪談モノの方が多くて、ゾクゾクする感じがいい。最近では全然チケット取れなくて、まさに宝塚並みにチケ難なんです。。助けてー。

第1位 月組 ショーBADDY

バッディーバッディー! はい、私もBADDYにハマった一人です。
まずは、上田久美子先生、ありがとうございます!宝塚史上初の女性のショー作品。今までなかったのが不思議。
ウエクミさんのことだから、すーっごく考えて考えて、哲学的な意味をちりばめて歌の歌詞を作ったり、キャスティング考えたりするんだろうなーって思ってたら、私の予想の斜め上をいってました。こりゃ、演じる組子は不安だっただろうな。。いいの、こんなことして?みたいな。
何でも素直にハイ!とやりのけるたまきちだから、完成したのかしら。青柳さんバリに。一番気に入ったキャラクターは、やっぱりグッディーかな~。グッディーが登場時はロングヘアなのに、途中でボブカットになり、最後の怒りのラインダンスの時はショートカットになるんですよ。これって意味がありますよね。女性って失恋すると髪を切ったりするじゃない?

2018年【グッジョブ部門】

特にチャレンジングなシチュエーションに体当たりで挑んだ俳優、そしてシナリオと演出に対して敬意を表したいと思ったものです。もちろん作品としても素晴らしい出来でした。”衝撃”に近いです。

第3位 花組 蘭陵王

恥ずかしながら蘭陵王について全然知らなくて、チケットを取ってなかった。梅芸を観た方々の評判記事を観て、そして東儀さんが曲提供されたって聞いて、これは!と思い、途中でチケットを買ってKAATで観ました。仕事抜け出して横浜までGO!仕事を調整し、チケットを買った自分、グッジョブ!自分を褒めてあげたくなりました。
キムシンって、良いよね?最近良くない?って自問自答。かちゃの良さをちゃんと理解して宛書のようにしてくれたこと。長い難しいお話を、とても分かりやすい言葉と構成、そして京三紗さんによる語り部(=母)の効果的な使い方で、ポイントをつかんでいたこと。そして何より、あきらですよ、あきら。BLが一番似合うジェンヌって、確かにあきらだと思う。もー真琴つばさにしか見えない…。彼女の芝居の間の取り方が最高。コメディー上手よね。舞台に出てくるとワクワクしてくる。今までみりおを支える渋いおじ様の役ばかりだったから、新境地でとっても嬉しかった。かちゃとあきらに、グッジョブ!って思いました。年末最後に見た、最高の舞台でした。

第2位 NAPPOS PRODUCE グッド・バイ

ご贔屓・ゆうひさんが、男役をやるですって!(嬉)
絶対観たい~って事で、中野駅から歩いて10分ほどの、小さな町の劇場に向かいました。ずいぶんアングラやな。。どこまで行くだろう、ゆうひさん。。

太宰治のグッド・バイを読んだことがなかったので、途中頭でこんがらがりましたが、あとからネットで調べ、休憩時間に一緒に来てくれたパートナー(舞台好きで、太宰治のことを知っている)に説明してもらって、やっと納得し、ゆうひさんが女性だったり男性だったり、色々演じている意味が分かり、子供のゆうひは、本当に駄々っ子が目の前にいるような、とにかく観ている方も心地よい疲れが残るような、面白い作品でした。
客席には、根っからの舞台ファンの地元の年配の方が、通っていると言っていて、ああ、そういうのいいなーって思いました。どこかでまた、再演やりますよね?期待してます。

第1位 浪漫活劇 るろうに剣心

もーーーチギってどこまで伝説を作るんですかぁ!!?
雪組トップ時代に、全公演100%の稼働率を維持したという伝説を持つ、早霧せいな。彼女の異色の経歴をみると、絶対他人が真似できない何かを持っている俳優なんですよね。決して体格に恵まれず、歌も上手じゃない。ダンスはとても個性的で、運動神経と整った顔は天下一。すべて自己プロデュース力のたまものじゃないでしょうか。自分がやりたいことへ向かうストイックさが半端ない。髪型一つ、眼差し一つ、ものすごい計算していると思う。プロ、なんですよね、彼女って。
小池修一郎は、退団後の彼女を待っていたとしか思えない。るろうに剣心を、チギにやらせようと。なぜか、チギ以上に成功させることができる男優が、今の日本には居ないからでしょう、きっと。

新橋演舞場に行きましたよ、私は。この目でシカと確かめたいと思って。宝塚のるろ剣からどう進化してるのかって。進化してましたよ!!男役、ではなく、剣心(男)になっていた。殺陣はますますキレッキレ。相手は男性ですからね、本気でやってます。モカちゃん演じる薫さんには、本当にかわいいって思っている眼差しを感じます。チギ、あなたは性別をも超えて、人間として役者として、もっともっとチャレンジングな事をしてください!そして、来年もグッジョブ!!って言わせてください。

以上になりますが、実際に見てる作品は倍ぐらいあって、うーん惜しいなあ、どうかなあ、色々考えましたが、上記の合計12作品はリストアップしたかったです。

2018年は良作に恵まれていた年ではないでしょうか。個人的には、有名どころのミュージカル作品は、それなりに楽しかったけど、それ以上の意外性とか、俳優の突き抜けたものとか、中毒性など、プラスワンがもっと欲しいなと思ってしまう程、欲張りにもなってしまった年でした。

また、小劇場系や、インディーズ映画の「カメ止め」現象のように、ジワジワ来る面白さ、低予算だからこそチャレンジしてるものに大変好感が持てました。話題性という意味では、LGBTをテーマとしている作品が増えてきていて、私自身凄く感動できました。多様性というのでしょうか、どんな状況でも、いいものはいい!って思えることが楽しい。

2019年上半期の見どころは

さて、2019年は既に色々なラインナップが発表されています。私が期待しているものは、

ファントム&ラブ・ネバー・ダイ対決

既に宝塚の方では、大絶賛&チケ難で話題の「ファントム」。
2019年1月は、日比谷でファントムとラブ・ネバー・ダイが同時に上演されているという、オペラ座の怪人対決が待っています!

オペラ紫苑物語

日本物新作オペラです。こういうのが好きです。
今年「松風」を拝見しました。演出が斬新で、相当お能の松風のあらすじを知らないと(教養がないと)面白みがわからないという。。日本人として試されている気分にもなりました。ドイツ発のオペラなんですよね。作家は細川さんで、国際交流基金賞を受賞されました。今回の紫苑物語も期待してます。

日本版キンキーブーツ&ピピン

初演を逃して後悔していたところの再演!ありがとうございます~♪三浦春馬君のローラ 、ビジュアルでは何度か拝見しましたが、実際の舞台が今から楽しみです。

日本版・ピピンをやると聞いたときは嬉しかったです。それだけの俳優が日本に揃っているという事。城田優さん、ぴったりですね!クリスタル・ケイさんがストーリーテイラーかー、なるほどぉ。個人的には霧矢大夢・キリやんが出る事が嬉しい。歌唱力、演技力、バッチリですからね。パンチも効いてて、絶対いける。

オーシャンズ11

トリデンテの配役はすでに発表済み。まかぜーにとっては満を持してという感じでしょうか。今からイレブンの配役を考えるのが楽しみです。どれだけ当たるかな。絶対面白い事、間違い無しです。

https://kira2power.com/archives/32

星組世代交代か?

礼真琴の実力は十分過ぎるほど。もはや彼女が舞台に登場すると安堵するぐらい。お嫁さん問題が今もあるのかもしれませんが、私は結果的にはくらっちだと思ってます。せっかく雪組から可愛い娘を嫁に出したのだから、可愛がってくださいね。そろそろ宝塚版1789再演を期待したいっ!まこっちゃんで是非お願いします。

その他にも、あまり期待してなくて、見てみてビックリ!良かったなんて作品も出てくるでしょうね。

楽しみだな~。

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村