博多座公演 宙組千秋楽 愛月ひかる ありがとう!




博多座公演 宙組千秋楽に行って参りました!やっとの思いで観劇できたのが千秋楽。この奇跡に立ち会えて感謝です。

2月2日から25日の今日まで、きっと毎日大盛り上がりだったのかなと。博多座のお客さんは皆さんイキイキしていて、そしてとてもお綺麗な方が多いと思う。劇場はゴージャスで、幕間のお土産を見るのも楽しい。本当に好きな劇場です。

宙組の愛月ひかる は今日で最後なんですね(号泣) 拍手の熱いこと熱いこと。拍手喝采の劇場に包まれて、私は涙無しには観れませんでした。黒い瞳、劇場で観たのは初めてで、こんなにも内容が濃い、たくさんの登場人物が絡み合う、まさに良作だなと実感。とっても面白かったです。

そして、プガチョフは愛ちゃんしかありえないし、まさか本当に宙組を去ってしまう公演になるとは。。。彼女のストーリーを考えると、なんだか出来すぎていて怖い。感情移入して見入ってしまいました。

大将と先生

愛ちゃんは、まかぜーにとっては宙組の先輩。いっこ上さんだし、とても濃い関係だったのではないかと。そんなところも泣かせてくれます。

愛ちゃんは、宙組が大好きで、もっともっと広く宝塚の生徒みんなが大好きで、とうとう専科で活躍することに。たまに冷静なコメントをする愛ちゃんは、経営者の目線、プロデューサー目線のできる人じゃないかと思っていました。

自分の後を任せる桜木みなとへの目線、熱いものがありました。(澄輝さやと アッキーの目線も本当に優しい) 宝塚が好きだから後輩に譲れる、託せる、そんな大きな器の愛ちゃん。

また今回は93期同期の、蒼羽りく、もんちが一緒に出演していて、最後のご挨拶の時、2人共大きな目をウルウルさせていました。93期生が結構多くいる宙組。もう一人は、2番手の芹香斗亜 キキ。何の運命なんでしょうかね…。

プガチョフ、ラスプーチン、グイド司教、黒い影の大物をやらせたら宝塚一。次の場所でも、その大きな愛を惜しみなく注いで、宝塚で輝いてください。

ありがとう、愛ちゃん。本当に、宙組が誇る宝です。明日からは、専科の愛月ひかる になります。

あー楽しかった!こんなに盛り上がった宙組は久しぶり。まかぜーは、やっぱりカッコいいと、理解できた公演でした。

ソーラン宙組 ソーラン博多!

また感想書きます!

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村