『ロミオとジュリエット』感想3 東京でもBバージョン 涙溢れる愛と許し




星組『ロミオとジュリエット』東京でも絶賛公演中!行ってまいりました。
ご縁あって、またもやBバージョン。いつになったらAが観れるのかしら…千秋楽ビューイングかなぁ。

あー、早く劇場でマスク外して、沢山笑って泣いて、わーっ👏👏👋て言いたい😃

この星組『ロミオとジュリエット』を観劇して、黙っている事なんて出来ないよ!そんな風に思いました。

とっても楽しくて、素晴らしくて、感動して泣きました。
フィナーレはめちゃくちゃブラボーでした💕。

2階席からの観劇で、舞台全体を見る事ができて、また一味違う感じ。赤と青のメンバー達のフォーメーションやダンス、こだわりの髪型等に惹かれ、一致団結した群舞は歌も踊りも素晴らしい。

ロミオとジュリエットという作品の力を感じました。

今回特に強く感じたのは、愛です。
なんだか月並みなのですが、愛を感じて涙することが多かった。

一つ目は、ロミオとジュリエットが初めて出会う仮面舞踏会のシーン。天使の歌が聞こえてくる♬

何でしょう、なぜか涙が出てくるとジュリエットが歌いますが、こっちもそうです。なぜか涙が溢れます。これが愛、なんでしょうねええ・・・。

二つ目は、いつものことながら、乳母の愛。くらっちのソロ。

また号泣してしまいました😊。あんなに小さな身体で、劇場一杯に愛を歌い、思いを伝える瞬間は、客席も一体となった感じでした。

三つ目は、ラストのシーン。赤と青のメンバーが手を取り合い和解するシーン。

許しあい、苦みあう事を止めた時、”死”の愛ちゃんは、もがき苦しみます。人々の闇や苦悩を糧に生きる悪魔のような”死”にとって、市井の人々の覚醒を一番嫌います。

そう、両家の因縁の争いは、”死”の思う壺なんです。隣人を愛し許し、もう二度と争う事はしないと気づいたときに、やっと”死”が身を引き、平和が訪れるのかなと思いました。

”愛”の希沙薫の表情も、とっても良い。あなたの愛のおかげヨ!

そして宝塚には必ずフィナーレ✨があります!これこそ、四つ目の愛!宝塚から私達へのキラキラのご褒美。

さすがにフィナーレでは泣きはしなかったけど、せおっち登場で、スイッチON!来た来た~。2階席からの眺めは、男役と女役のフォーメーションが良く見えて、銀橋を使って、大階段も使って、立体的にあっちこっちに見どころがありました!

客席からすすり泣きが沢山聞こえてきて(特にマーキューシオご臨終の瞬間とか)、辛く悲しい涙ももちろんありますが、どれもひっくるめて、私達客席の皆さんは心の浄化がされているかと思います😭。

なーんてことをツラツラ思いながら、ロミジュリを楽しみました!

何度も言いますが、私にとってこの星組ロミジュリは、最高傑作ですぅ!

今度こそ、今度こそAバージョンを!観たい。

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村