『CITY HUNTER』主なキャスト感想2 新宿の個性ある面々たち




シティーハンターの主なキャストの感想を。

まずはワンダーシティー新宿🏙。新宿がこんなにもフューチャーされて、どんだけ怖くて卑猥な街なんだと思われると困るんだけどね😅(普通の人も住んでおります)。でもこうやって客観的に見ると、本当にワンダーランドだなーって思います。

冴羽 獠:彩風 咲奈

リョウちゃん演じる彩風咲奈。
細身の身体で機敏に舞台上を駆け巡り、少年漫画チックなどっかん!な顔芸や、のけ反り具合はお見事👏👏!

いやね、本当に大先輩・早霧せいなを超えてくると思いますよ。動きが軽い軽ぅ~い!ほっそい長い脚は、まさに少年漫画の世界😀。

さきちゃんの強みは、恥ずかしげも無く(失礼)本気でコメディーを演じられる人柄なのかもなー。イケメンキャラよりも、ついこっちサイドを求めてしまう。それは他のジェンヌとは差別化できる個性、武器でもある。

もちろん、戦いの場面やGetWildなどは超カッコいいし、様々な美女とのハッスル!もヒューヒュー。

最後はちゃんと香と向き合ったマジなLOVE❤があって、幸せモード全開になりました!

咲ちゃん、お見事です!

槇村 香:朝月 希和

特筆すべきは、希和ちゃんのビジュアル。

今までのヒロインには珍しく、ショートヘアーにジーパンスニーカー。え、ずっとその恰好なの😅??って(笑)。娘役12年、作り上げた香像。

意地らしくて愛されるキャラクター👟

案外そういうボーイッシュな女性がモテるのよね~。ストライプのパジャマ姿がキュートでドキっとしたり、バズーカー砲みたいな物を抱えて登場したり、100tハンマーは何回ぶん回してるんだろう…😆。

どこか憎めないフワフワした少女のままの部分も共存していて、応援したくなる存在でした。

咲ちゃんと対等にコメディーを作り上げたり、ヴェネチアの紋章のようなシリアスなお芝居を演じたりできるのは、希和ちゃんなんだなと、なるほどなーと思いました。

これから2人で作り上げる作品がとっても楽しみになりました!雪組はどんなシナジー効果が今後も生まれるのでしょうか😃。

槇村 秀幸:綾 凰華

あの髪型、あの眼鏡。時代を感じるな~。

登場してすぐにジェネラルに銀橋で殺されてしまって。。亡霊になってリョウちゃん、香を見守っている。一歩下がって皆を俯瞰で見ている感じが、いつものあやなちゃんのスタンスに似ているような気がしました。

温かみがあるというか、安心感があるというか。あの眼鏡の奥の優しい目が、印象的だったなー。

個人的には涙を誘う😭、香とのシーンでした。

また観劇できる時には、もっと秀幸兄さんを追っかけてみようと思う!

海坊主【伊集院 隼人】:縣 千

ビジュアルNO.1、癒し系NO.1
あがた君海坊主です。

頭の形がいいのかなあ、バンダナサングラスがあんなに似合うジェンヌって居る??

ピンクのエプロンにお皿拭き。もう可愛くって、可愛くってたまらないですね~。本当はとっても強い男なんだけど。強くて優しい、最高じゃないですかぁ。

美樹:星南 のぞみ

そしてもう一人、個人的なツボは、美樹さんのビジュアル!

あの前髪の立ち方が、なんとも時代を感じるんだなー。海坊主とお似合いでイイ感じ!!そして、香の恋の相談相手でもあって、2人の女の友情も微笑ましい。

この公演がサヨナラになってしまうんだけど、最後に一番お似合いの役が来た~んじゃないかなぁ??って私は思いましたよ。ハッピーなお役がピッタリだよ。

野上 冴子:彩 みちる

野上冴子は誰が演じるの?って発表当初に思っていました。

いつものような可愛らしいキャラは封印し、大人お色気路線のイイ女を演じております!!

スタイル抜群!仕事できる冴子を、みちるちゃんが演じてるーと、シミジミ。

冴子に絡んだ人物達は、、

部下の織田(星加梨杏)との師弟関係がかなりツボ!そして妹たちがゴージャス!ワンレンボディコンの野上麗香(希良々うみ)に、女子高生スタイルの野上唯香(有栖妃華)。本当に楽しい😁。

冴子の見合い相手として紹介された北尾裕貴(眞ノ宮るい)。登場から一人違和感がある男。こいつが、警察内部に潜むスパイだったわけですよっ!神経質そうなキャラ設定、るい君、何か異質ないい物を持っているよね。

ふー、月組に組替えが決まっている、みちるちゃん。
月組での役割は、大人の女性を演じる機会が増えるのかなぁって妄想します。子役やカワイイ女の子を演じていたみちるちゃんは良い思い出。新しい”彩みちる”を、楽しみにしています!

冬野 葉子:野々花 ひまり

で、葉子さんぶっ飛びキャラは、ひまりちゃんにお鉢が回ってきたのね!

いやいや、最高ですよ。このシティーハンターの中で一番ぶっ飛んでる女性だと思う。

ひまりちゃん、流石ですよ、シミジミ。
空気読まない感じが最高。彼女の演技力の高さを、改めて感じて楽しませてもらいました。

政:諏訪 さき

葉子さんと政の関係って、デジャブ…。

花組『風の次郎吉 —大江戸夜飛翔—』
こちらもサイトー先生の作品だもんね。偽の鼠小僧になりすましたタソ(天真みちる)のように、偽のシティーハンターになりすまして、葉子さんのハートをゲットするという…。

ジャーナリスト葉子さんって、何を今まで追いかけてたのか…😓。

すわさきちゃんの政。髭ずらの髪の毛ボサボサ。スカジャンにジャージっていう(笑)。かなりこちらも吹っ切れたキャラ設定。

ぶっ飛び99期コンビは、このシティーハンターの中で埋もれない濃厚キャラクターで、素晴らしいコンビを見せてくれました!

野上警視総監:奏乃 はると

こういうにわさんのキャラクター、大好物です😍!!

笑いのツボ満載なんです、個人的に。
頼りない偉い人?最後には腕まくりして味方してくれる優しい人。

ショーでは沢山ソロパートがあり、女装ありで、にわさん大大活躍だったと思います!嬉しいです。

新宿の婆:沙月 愛奈

サヨナラ公演のお役が、えええ!!??

占い師ですよね。「こんなんでましたけど」って流行ったよね~。

余りにもいつもと違い過ぎてびっくり😂。でも、ここまで吹っ切れていると、良い思い出作りになるかって思ったりして。かつての舞咲りんポジションかな。とっても美味しい役どころです。

ねこまんまのママ:杏野 このみ

これまたねえ(笑)。かなり作りこんで、素敵でしたよ!

お店の女の子たちのニャンニャンが、若干卑猥で(笑)、可愛くて、雪組の可愛い娘集めました~的な美味しいワンシーンとなっております。アーサ演じるミックが、またはべらしてお似合いだ事(お約束ね😊

次は、シティーハンターの依頼人と、闇組織の御一行について書ければと思います💁

 

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村