109期初舞台は雪組『ライラックの夢路』&『ジュエル・ド・パリ!!』彩風咲奈&夢白あや お披露目




2023年の109期生の初舞台は、雪組の2本立て。トップ娘のお披露目公演でもあります。
謝珠栄先生のお芝居と、今年に引き続き、藤井大介先生のショーです!

雪組公演

■主演 彩風 咲奈、夢白 あや

◆宝塚大劇場:2023年4月~5月
◆東京宝塚劇場:2023年6月~7月

ミュージカル浪漫
『ライラックの夢路』
-ドロイゼン家の誇り-

作・演出・振付/謝 珠栄

ファッシネイト・レビュー
『ジュエル・ド・パリ!!』
-パリの宝石たち-

作・演出/藤井 大介

謝先生オリジナルのお芝居は、19世紀初頭ドイツが舞台。じっくり、じっくり読みました🤓。濃厚ですね~私的にはちょっと驚きました。

・・・・ドロイゼン家の長兄ハインドリヒ・フォン・ドロイゼンは、金融王ロートシルト家(世界的富豪ロスチャイルド家)を築いた5人兄弟のように、ドロイゼン家の5人兄弟も一丸となって、新しい産業である鉄道産業を発展させることを夢見ていた。・・・

現代の世を牛耳っているロスチャイルド家。個人的には闇のイメージもあって、えええ、って思ったんだけど、”ロスチャイルドの5人兄弟のように、ドロイゼン家5人兄弟も一丸となって頑張る”という事なので、モデルとなっているお話なのかなと思いました。

金融、鉄道、芸術、様々な分野に子息を送り込み、一大財閥を作り上げていく、そんな時代。日本の「華麗なる一族」みたい。その背景が見られるのはとてもとても興味深い🤔、勉強になりそうだなと。
長男ハインドリヒ、官僚の次男、軍人の三男、音大生の末弟。5人兄弟の配役が楽しみですね😃。

雪組は現代物、日本物、中国物と続いていたので、久々のヨーロッパ物。咲ちゃん演じる主人公と、そして勝気で利口なエリーゼ(あやちゃんかな?)。二人とも麗しいだろうなと😍。

謝先生といえば、礼真琴&舞空瞳 お披露目『眩耀の谷』を思い出します。とても良かった!

今度は舞台がドイツ。雪組の宛書芝居(かな?)、がっつりお芝居を、楽しみにしています。

そしてショーは大介先生。お次はパリ!宝石のような初舞台生のロケットが楽しみです。やっぱり宝塚はレビューですので、レビューで初舞台というのは嬉しいかもしれませんね。

ライラックの花、ドイツ、ジュエリー、パリ。なんだか心も弾む春の宝塚🌸って感じになりそうです!

 

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村