宙組全ツ 真風涼帆の地元九州を巡ります♬『バロンの末裔』『アクアヴィーテ!!』




2021年11月~12月、宙組は全国ツアー、主に九州各地を巡る日程が発表されました!梅田を出発し、熊本、鹿児島、長崎、佐賀、福岡、そして沖縄🌺~。

宙組全国ツアー<2021年11月21日(日)~12月9日(木)>

ミュージカル・ロマン
『バロンの末裔』
作・演出/正塚 晴彦

ショー・トゥー・クール
『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』
~生命の水~
作・演出/藤井 大介

九州ジェンヌ・真風涼帆が率いる作品は、最近定番っぽくなっている往年のスター退団公演を上演します。月組元トップスター久世星佳のサヨナラ公演『バロンの末裔』と、ゆりかさんの代表作となったオリジナルショー『アクアヴィーテ!!』。

まずは、ゆりかさん率いる九州行脚の旅が実現することを嬉しく思います。博多座かなーとか思ったけど、地元熊本を訪れる事に!盛り上がりますよ~♬特にショーはめちゃくちゃ客席が湧きそう。

そしてお芝居ですが、「銀ちゃんの恋」に続く、ダンディズムの代名詞として特に渋い芝居が好評だった久世星佳が登場です。

若央りさ先生といつもコンビで出演していた月組下級生の頃、私はひそかにのんちゃんを応援し、トップになって欲しいと思っていました。天海祐希というスター選手が登場し、脇に回ることが多かったけど、ちゃんと次のトップスターに就任したニュースに、宝塚も捨てたモノじゃないって、勝手に思った記憶があります。

そのサヨナラ公演が、これまたニクイ正塚先生の『バロンの末裔』。あら筋はちょっと忘れ気味だけど😅、のんちゃんの作品をゆりかさんが挑む、というのは、素晴らしいと思います。まさに男役の進化を楽しめるのかなと。

相手役の風花舞は、ダンスがピカイチ!研1から既に抜擢され、若いながらも大人っぽい女性も演じられる娘役さんで、のんちゃんは大人のコンビと言われていたと思います。これまた、潤花ちゃんにマッチするわけですね~(なるほどぉ)。

宝塚の名作・棚卸シリーズですが、私個人的にはこんなチャンス滅多にない!って楽しみで仕方ありません。前回観た「ヴェネチアの紋章」も良かったし、博多座「川霧の橋」も楽しみだし。

それで、別箱もう一つは誰が主演なのかなーって所も発表が気になりますね。楽しみに待つことにしましょう。

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村