珠城りょうムラのラストデー 不器用なBADDYの『Dream Chaser』千秋楽?冗談じゃねぇ~




千秋楽?冗談じゃねぇ~😎

2021年6月21日夏至ですね、珠城りょう、美園さくら他7名の宝塚大劇場ラストデーのライブ配信視聴しました。一番昼が長い、PUCKが生まれる日。

先日ムラで観劇したショー『Dream Chaser』の感想含めて振り返りたいと思います😀。

『Dream Chaser』感想

中村暁先生のショーで、芝居共にオーソドックスな展開の中にも、この2021年だからこそのメッセージを入れたり、珠城りょうの過去のショーを振り返る様な、そして黒燕尾姿で第4部まで展開する贅沢なフィナーレでした!

覚えやすいノリの「ドリーム・チェイサー♬」主題歌は、後を引く感じで、爽やか😀。四の五の言わずシンプルなショーだから、たまきちの素の個性っぽいなと思いました。

黄金に輝く新調されたお衣装。全員そろったプロローグは明るく、手拍子も弾みます。

たま様の、つやっつやなお肌。きらっきらの笑顔。退団する人には見えないんですけど…(ご本人も自覚ないっぽい)。

若すぎます!

そうなんですよ、脂乗ってきたな~って時でしょ?これから珠城りょうのダンディズムが熟成されてくるって時に、退団なんて残念だなあ。。体力の限界なんて微塵も感じさせないし、まだまだ走れるよね?

真っ赤なお衣装のたま様の銀橋渡りをみて、この大きな大黒柱がいなくなるのかと、思いました。しかも爽やかに、颯爽と。クスン😢。

フラメンコの場面。
鳳月杏のソロが聞きほれます!!暁千星と2人で、美園さくらを奪い合う、お決まりの展開。

あり&さくらのダンスシーンが構成されていて良かったなーと思いました。この2人のペアがとてもお似合い。ちなつとは、ピガールの元夫婦コンビ。素敵でした。

そして、また、またありちゃん登場!今回大活躍ですね。
ミロンガの場面。銀橋を渡る男役、凄くGOOD👍。たま様と海乃美月のコンビ、ああ懐かしいねえ~。海ちゃんは次のトップ娘ですから、更に神々しく✨、自信にあふれた、素晴らしい娘役です。

スーツにハット、タンゴのシーンは、やっぱりたま様のお得意分野かと。男役の色気がここで発揮されます。ちなつとの男役同士のタンゴは、目福シーン👀。流石です。

そして、

やっと出てきたぁ~
きゃぁぁぁ、バーバリアン😍!

月城かなと率いる2PM「I’ll be back」なんとお上手な事!あまり韓流に詳しくない私ですが、よく見かけるMVっぽく完成されていましたよね。中村A先生のショーらしく、この場面じっくり見応えありです(尺長い)。

夢奈瑠音のダンスの軸のブレない感や、華やかさがある風間柚乃、他にも沢山、めちゃ背が高い礼華はる&一星慧の新・月組ツインタワー🌆を発見しました!

中詰めは、和太鼓の音、笛の音、津軽三味線の軽快な音楽。
ノリが良くて体育会系たま様にピッタリの、重心が下がる和の魂踊るナンバーですね!たまさくのシーンは、まさに戦う戦友のような。

疲れ知らずの月組生。ここでも軽快で爽快な場面だったと思います!

結構あっという間😮。
白いお衣装に黒のタスキモチーフの衣装で、れいこさんが登場。ああ、退団者の場面に移るのかな…。

たま様が大きな白いバラ🌼を胸元に登場した時は、グッとなりました。信じられない、、でも現実なんだと。

2021年に色々な体験をしてきた私達に、青空と輝く虹の場面を作ってくださった。夢を追い求めるドリームチェイサー🌈。宝塚の原点。それぞれの夢を忘れないで、応援しよう。決して忘れない、そんな気持ちになりました。

風間柚乃、次の世代を担うおだちんの銀橋登場です。
この日が来たんですね~。サヨナラ公演のショーでは、世代交代を感じる場面がウルウル来るもので、頑張れよっ!と念を送っておきました⚡。

新人公演でも組んでいたさくらちゃんが赤いドレスで登場。娘役だけのナンバーです。ここで私は、

新旧娘役交代シーンに涙😭

海ちゃんがさくらちゃんの手を引いて笑顔で「お疲れ様」みたいな合図をするんですよ~。ここは何度観ても私は泣ける、娘役2人の友情ポイント🌸です。

あれはショー『BADDY』のバッディーガール2人で登場したころ…。バッディーが海ちゃんとさくら、2人のどちらをお持ち帰りするのか、毎回ハラハラドキドキして観てました。私は2回とも、さくらちゃんで、その後トップ娘に決まって、なんだか複雑だったのを覚えています😊。

下級生全員が参加できたラインダンス。
大きな生徒さんから小さな生徒さんまで、沢山の笑顔と迫力。客席の拍手にも熱が入ります。この場面を目に焼き付けて、そしてずっといつまでも続きますように…。

さあ、フィナーレです。大階段の上には、黒燕尾の珠城りょう。
ここから黒燕尾の場面が続きます。サヨナラ仕様で大変贅沢、ゆっくり堪能できる構成となっています。私はこれがイイと思った。案外ショーって詰め込み過ぎてせわしない事もあるのですが、今回はじっくり見届けられます(浸れます)。

1部。月組の黒燕尾。皆揃ってますね!!キレイ!
たま様の足の上がる事😆。疲れを感じないスマートでダイナミックな黒燕尾です。

2部。美園さくらとのデュエットダンス。スモークが立ち込め三日月のモチーフが中央に。

私は沢山のミュージカル作品をたまさくに見せてもらったんだよね。このシーンもミュージカルのワンシーンの様でした。行きつ戻りつ、作品を作り上げ組を引っ張った戦友のようでした。

3部。美しい影ソロの中、たま様と共にしてきた大切な仲間達にスポットが当たります。
専科へ行く紫門ゆりや、千海華蘭、汗拭き担当・組長、ちなつ、れいこ、そして同じく専科に行く輝月ゆうま、ありちゃん。ここは涙をこらえるシーンだよね。

4部。たま様ソロダンスです。
何度も言いますが、力有り余っているよね??素晴らしい、まだまだ行ける、まだまだ魅せる。目に焼き付けました。

エトワールは美園さくら。可愛いロケットちゃんたちと階段を下ります。
白と紺色の爽やかな色の組み合わせのトリデンテ。大きなナイアガラを背負って、珠城りょうは、いつも通りに、いつも通りに大階段を下りてきました。

珠城りょうサヨナラショー

組長さんからのメッセージで、今まで月組のために沢山踏ん張ってくれた。これからはもっとたくさん甘えて欲しいと。入団当時から大物感が半端ない(でしょうね…)。その時点で、運命は決められていた。常に前を向いていなければいけない。もう最後だから、東京公演までは、思いっきり甘えん坊・たまきちでいてください(←これは、私からのメッセージ)。

スタートはプレお披露目公演だった「アーサー王伝説」より。
まさに選ばれし人のためのお披露目公演だったなー、文京シビックホールまで見に行きました。

「カンパニー」より。青柳さん。結婚したい男性NO.1に輝いた(ジェンヌ調べ)キャラクター。心温まるバックステージ物語でした。

「グランドホテル」より。
来ました~!!!!私の大好きな男爵。赤いバラを持って銀橋を渡ります。あの音楽が聴けただけで胸が躍る。素晴らしい作品。この作品がお披露目でしたね~。月組での再演を、直ぐやってもらってもいいぐらい!お待ちしています。

「カルーセル輪舞曲」より。
主題歌を退団者7名が歌います。これもお披露目ショー。あの頃が懐かしいなー。

「I AM FROM AUSTRIA」より。
美園さくらのソロです。ブロンドの歌ね!あのモノトーンのワンピースのイメージの衣装が素敵でした。とってもお似合いの役だったなー。

「エリザベート」フィナーレ群舞。
おお、なんと。あのフィナーレを大階段で本格的に再現!胸が高鳴りますね!!贅沢だ。

「夢現無双」の音楽でデュエットダンス。
美園さくらお披露目作品でした。武蔵とお通。この綺麗な歌で赤黒のお衣装でダンスを披露。これもねえ、なんか行きつ戻りつ戦友のような印象を持ちました、ですよ。カッコよかったです。

長い髪の毛がカフスにひっかかっちゃって、思わぬハプニング。これは神様が仕掛けたのかな?昔みた宝塚フィナーレのデュエットダンスで、スカートが大階段に引っかかって、男役さんが何食わぬ顔で必死で抜いてるシーンを見たことがある。その後2人でフォローする所が素敵で、ラッキーって思いました。あれは凄く今でも思い出に残っている。

「ピガール狂騒曲」ラベル エポック パリ♬。
あー、これもかぁ。本当に月組のたま様時代の演目って、かなり恵まれていたと思います。ピガールも最高でした

「幽霊刑事」
たまちな、相棒の歌でしょうか。私見てないから…。

「月雲の皇子」
その流れだと、そうよね~。穴穂ぉぉ。ここでも2人は兄弟でした。宝物のような思い出、ステキな作品。

「クルンテープ」
美弥るりかサヨナラショーだった、大好きなクルンテープ。そして、れいこはこの公演の後半をけがで休演。だったなーって思い出していました。色々あったね、月城さん。

「All for ONE」2作品
たま様、白に金色の月のパッチワークが付いたキラキラお衣装で、大階段センターに。ガスコンですよ!

小池先生のオリジナル。たまちゃぴの可愛らしい設定に、みやちゃん、こまちゃん、としこさん。沢山の芸達者が出演していた、一本モノのコメディー?ミュージカル。たま様の太もも、ダメージジーンズ、そして壁ドン!が話題になりましたね!

歌詞にある、明日を信じて。やはりこのご時世だから、この曲を選んだのかなと思います。

「BADDY」😋😎
千秋楽、冗談じゃね~!!本当だよおお。

白いスーツに裕次郎サングラスときたら、もうBADDYしかない!エアータバコで、組子をがんがん足蹴りして、めちゃくちゃカッコイイ。やっぱり最後はバッディーで踊りまくるのがハッピーですよね😆😆😆。

あー、「BADDY」再演出来ないかなあ…。月城さんで「POCKY」やってくれないかなあ(イケると思うんですよね、シナリオ思いつきます)。

珠城りょうご挨拶

まず美園さくらは、赤いダリアのお花かなあ。

そういえば皆さん、不器用とか、引っ込み思案とかおっしゃっていましたね。私達からしたら、宝塚に入れる事自体がスーパー凄い人なのに、不思議だなって思って聞いていました。

さくらちゃん、不器用で沢山の人に支えて頂いたと。それもあなたの才能よ。個性的な娘役として、美園さくらのほとばしる思いを舞台にぶつけてくださいね。

珠城りょう。94期生。袴に白い蘭の花。

お花渡しは雪組久城あす。おーー、今日集合日だったのよね。この2人が並ぶなんて、なんてレアなのかしら。

同じく退団する同期・香咲蘭のお花渡しは、宙組で絶賛お稽古中で、次公演で退団する美月悠。さおぉー。
私的には嬉しい94期生のお花渡しでした。

たま様のご挨拶は、「皆さま、ご観劇ありがとうございました😀」的な、通常運営な挨拶からスタートしたため、客席から笑いが起きる。面白過ぎる😅。優等生なんだなー。

守るべきもの(=ファン、組子)があると、人間は強くなれる

そう思ったそうです。頼もしい、本当に。

退団者一言コーナーでは、りささんの発言に一瞬涙をこらえるたまきち。あ、泣いちゃった…。
涙を振り切って最後まで頑張りました。

東京公演で、お待ちしております!私はまだ、まだ、退団されるなんて、信じられません!

ランキングに参加しています。
ぜひクリックお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

PVアクセスランキング にほんブログ村